栄養に全俺が泣いた

ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。早く赤ちゃんを望む周囲の期待や過度な緊張感が不妊治療中のストレスとなるケースもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。

妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。通常の食事での摂取とは別に、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることもポイントです。

妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。一般的な食事では、十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも開発されています。サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
孕ませ合法化

葉酸の摂取によって胎児の先天性異常の発症が抑えられる可能性があります。葉酸の摂取方法としては、厚生労働省が推奨するように妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが適切な摂取方法だと言えます。では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食後の30分のうちに摂取するのが良いと言えます。なぜかと言うと通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃が荒れるという報告もありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。もちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてください。